旅行を約束した友がB型肝炎と診断され給付金を受けるため弁護士に相談したらしい

旅行を約束した友人がB型肝炎に感染していると診断されたので、
B型肝炎給付金を受け取るために弁護士に相談しました。
弁護士の指導のもと、病院や役所に問い合わせをして必要な書類を集め、
B型肝炎給付金の支給対象となるかを見極めてもらえたので、
とても助かったと友人が話していたのが印象的でした。
また、無料相談は電話で行うこともできたし、
郵送で請求手続に必要な資料をやり取りしたり、
電話で事情や経緯を話すことができたので、
弁護士事務所に行くことなく手続きが完了して楽だったと話していました。
心配していた弁護士費用は、給付金を受け取ることができる旨の和解が成立した時、
あるいは判決が確定した時に支払いが発生し、
社会保険診療報酬支払基金から給付金が支払われる際に控除されたので
お金の心配も全く必要なかったらいしです。

This entry was posted in 旅日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です